2月5日(木)から開催予定の『第55回さっぽろ雪まつり』。 新聞情報によると今年は市民雪像にファイターズ関連の作品が7基製作予定だそうです。 内訳はというと、新マスコット「B・B」が4基、新庄剛志選手が2基、小笠原道大選手が1基。
例年、雪祭り期間中の様子はTVなどでよく目にされると思いますが、製作過程や開催後の取り壊し・夢の跡(単なる雪山)はあまり見る機会はないかも知れませんね。 そんな今年の雪祭りの模様をレポートしていきます。
〜1月22日(木)〜
ちょうど2週間前ですね。 こちらは「大通り5丁目道新会場」。 ここ数年はきまって道産米のキャラクター”きららちゃん”が定番です。 すでに頭の冠?が形作られています。
こちらが市民雪像のベースとなるブロックです。製作に取り掛かるのはだいたい1週間前くらいからです。
このスノーブロックが削られて、だんだんとB・B小笠原新庄の顔や形になっていくのですね。
どんなスタイル、どんな表情になるんだろう??
いまからとても楽しみです♪
こちらは「大通り7丁目HBC会場」の大雪像。
モチーフは毎年”歴史的建造物”となっており、今年はオリンピックが開催されるアテネの世界遺産”パルテノン神殿”です。
パルテノン神殿の製作を真横から見下ろしたところです。
自分も数年前まで知らなかったのですが、こういう雪像って真っ直ぐ建っていないんですよ。若干後ろに傾いているんですよね〜。 理由は今もって分からないんですが。(^v^;
写真を見てお分かりになるでしょうか?
〜1月30日(金)〜
既に雪柱にはNoが書き込まれていましたが、朝はまだ製作に取り掛かっている雪像はありませんでした。
そしてその日の夜。 続々と雪と格闘するグループが。
まだ着手していないものもあれば、荒削りを終えたものも。
驚くことに、既に作業がディテールにまで及んでいるグループもありました。早ぁ〜。
この岩のような物体は何でしょう?? オブジェかな?(^v^;
そして見つけた何やら"耳"のある動物?(写真右)
こ・これは!? 果たしてこれは『B・B』なのか??
スマートな"ハム太郎"に見えないこともないが。。。
大氷像の方も完成間近です。
これは「大通り5丁目 毎日会場」にある、ドイツのルネッサンス様式の建築物、”ハノーファ市庁舎”です。
横ではこの大氷像の前に飾るのか、上に乗せるのか、
「鯱(シャチホコ)」ならぬ「"シャケ"ホコ」のような装飾物をジェイソンよろしく、グラインダーで削っておりました。
そしてついに、”新庄発見!!!”
といってもまだ、ただの雪柱状態ですが、その前にはスケールモデルがありました。
おぉ、『新庄&B・B』だ!
新生ファイターズを象徴する2人の競演か。
出来上がりはこんな風になるんだ〜。
星野SDに見えない事もないかな。。。(笑)
〜2月4日(水)〜

いよいよ開催前日
パルテノン神殿の完成版です♪
こちらは2つ上の写真の完成版、『新庄&B・B』
あのただ四角い雪柱をここまで削り上げるのは大した技術ですね〜。
でもやっぱり”リアル”な人物像は難しいのでしょうねぇ。(^v^;
B・B三連発!
三枚目に一緒に写っているのは製作者さん。カメラを構えると、「足を止めて下さってありがとうございます♪」とおっしゃって下さいました。お疲れ様でした♪
こちらは今年の雪まつりで唯一の小笠原像
モアイ像ではありません。(製作者さんごめんなさい。m(_ _)m)
何というか・・・まぁ、やっぱり”リアル”な人物像は・・・・(ムニュムニュ)(^v^;
〜2月6日(金) 雪まつり2日目〜
雪像・氷像だけではなく、ホワイトイルミネーションも
なかなかに綺麗です。
どこぞのトレンディードラマにでも出てきそうな景観。
大通り4丁目読売会場の松井大雪像の写真を撮ろう
と思いましたが、ちょうどテレビ中継をしていて立ち止
まることを許されませんでした。
雪像の前では布施明霧の摩周湖を熱唱していました。
こちらは大通り2丁目道新会場。

ファイターズのプライマリーマーク
とともに、B・Bが氷像になっていました。
ん〜、氷は表情が読み難い。
3枚目は”月に吠えるB・B”
(そんなタイトルではありません。)
大通り2丁目道新会場に、ファイターズルーム
とでもいうべきプレハブが建っていました。
中には選手のパネルや立看板、ユニフォームや

サイン入りバットなどが展示されていました。
こちらは Event Gallery で改めてレポートします♪
〜2月12日(木) 雪まつり終了翌日〜

祭りは終わりました。 残ったのはただの雪の山。
1週間の期間で200万以上の人が楽しみ眺めた雪像・氷像達は、わずか20時間足らずで誰もが見向きもしない、どこにでもある雪の山になってしまいました。
ちょっと切ない気持ち。
左は"パルテノン神殿"跡地、右は"市民雪像"の残骸。
素晴らしい出来だった"新庄&B・B"もご覧の通り。(左)

"松井大雪像"の使用前(中)と使用後(右)。(^v^;
"月に吠えるB・B"も、氷の山になってしまいました。
そしてファイターズファンにとって、夢のようなスペースだったファイターズルームも当然全てが撤収され、何一つ残ってはいませんでした。 まさに"夢の跡"
来年は幾つのファイターズ関連雪像が私達を楽しませてくれるのでしょうね? 移転元年の今年はブレークして、来年の規模が今年を上回る事を願っています。
それではまた来年〜♪(^v^)/~~~

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO